Author Archives: 森麗子

テストサイト更新の仕方

14 12月 17
森麗子
No Comments

①まず本サイトのバックアップをとる。
・WPバックアップ:Xサーバーのサーバーパネル>バックアップから
・データベース:Xサーバーのサーバーパネル>データベース>MySQL設定のMySQLバックアップから
※月初に近い場合であまり更新の無いサイトは月初時点でのバックアップから更新してもよい。

②データベースの中身を更新する。

・○○_commentmeta コメント関連など
・○○_comments コメントの本文など
・○○_links リンク関連(画像など)
・○○_options WordPressのオプション関連など
・○○_postmeta 投稿記事関連など
・○○_posts 投稿記事の本文など
・○○_terms カテゴリーやタグ関連など
・○○_term_relationships カテゴリーやタグのひも付け
・○○_term_taxonomy

※「○○_usermeta」と「○○_users」は削除していけません!

③FTPにてテストサイトのフォルダの「wp-content」のみを上書きする。

※本番にリダイレクトされる場合は「wp-config.php」の中身を見て、下記が追加されているかどうかを確認する。

define (‘WP_SITEURL’, ‘テストサイトURL’);
define (‘WP_HOME’, ‘テストサイトURL’);

⑤WPやプラグインの更新が必要な場合は更新する。

テストサイトを編集する際には、本番環境に飛ばされていないかを注意しながら作業してください。

常時SSL化作業完了メール:貴社サイト「■■■」 常時SSL化作業完了のお知らせ

05 12月 17
森麗子

No Comments

■■■■■■■■■
■■■様

いつもホームページのほんまるをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

貴社サイト「■■■」常時SSL化作業に関しまして、作業の方が完了いたしました。
お手数をおかけしますが、サイト内を巡回していただきましてURLがhttpsとなっておりますことをご確認の程、よろしくお願いいたします。

SSL化作業完了後、当社でも一巡確認は取っておりますが、万一サイト内にレイアウトの崩れ、URL表示欄が鍵マークになっていないなど、お気づきの点がございましたら、お知らせください。当作業の影響による崩れでしたら無料にて対応いたします。

お客様でサイト巡回時に「サイトのここを直したい」「写真や文章を入れ替えてほしい」など、サイトの更新のご希望がございましたら、オプションでのご対応となります。内容をご記入の上、下記URLのフォームよりお申込みください。

オプションのお申込み

オプションお申込みフォーム

今後ともホームページのほんまるを何卒よろしくお願いいたします。

常時SSL化作業前メール:貴社サイト「■■■」 常時SSL化作業のご案内

05 12月 17
森麗子

No Comments

■■■■■■■■■
■■■様

いつもホームページのほんまるをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

先日お送りしておりましたご案内の通り、貴社のサイトにてhttps化の作業に入らせていただきます。作業日時は以下の予定です。

■■■年■■月■日 午前(午後)■時~■■■年■■月■日 午前(午後)■時
※作業の完了日は前後します。ご了承ください。

作業の手順は概ね以下の通りです。

・サイトのバックアップ
・プラグイン「Really Simple SSL」でのサイトhttps化
・投稿・固定ページ内の記述変更(「Search & Replace」での置換作業)
・CSS内記述変更
・サイト表示確認

作業中は一時的にメンテナンスモードになる可能性がございます。
また、作業完了後はURLがhttp://→https://となり、ブラウザのURL欄が鍵マークとなります。
完了後、鍵マークとならないページやレイアウト崩れが発生しているページに関しましてはご報告いただきましたらこちらで修正させていただきます。

作業が完了いたしましたらメールにてご連絡させていただきます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

【コンテンツ部分】きれいな写真やイラストをWebに掲載するためのポイント

28 11月 17
森麗子

No Comments

写真やイラストなどの画像の役割をみなさんはご存知でしょうか?

Webのコンテンツは「文章」と「写真・イラスト」で構成されています。

どちらも重要な要素だといえますが、Webでは特に「写真・イラスト」の効果が大きいと言われています。

Webを閲覧した訪問者は、そのサイトをひらいた時に見る最初の画面(ファーストビューと呼ばれます)が例えば文章のみだと、その内容を読むために時間がかかります。

Webの業界で、現在は「3秒ルール」と言われるものがあります。それは閲覧者がそのWebを見た時に、「ページを開いて3秒以内にそのページが自分にとって役に立つか、有益かどうかを判断する」

というものです。回線速度が緩やかな時代は8秒ルールとも言われてました。回線速度の進化で現在は3秒が勝負なのです!

そのため、ファーストビューへ長々とした文章や、そのWebコンテンツと関係性のない写真やイラストをWebに掲載しても、そのコンテンツ、内容は無意味になります。サイト訪問者もすぐ離脱してしまうのです。

「何をどのように伝えることができるか」を視覚的に、そして瞬時にできるのが、写真やイラストだと言うこともできます。

これはアナログなものでも同様かもしれません。

みなさんは、雑誌や絵本をご覧になる時、写真やイラストを流し読みしたことはありませんか?流し読みしたとしても、だいたいの内容を把握できると思います。

それは、イメージとして頭に「写真」や「イラスト」が残るからです。

Webも流し読みされやすい傾向にあります。そうすると、印象が残りやすい「写真」や「イラスト」がここで重要となってきます。

PCにかぎらず、スマートフォン、タブレットでWebを流し読みするのにスクロールしますが、気になる写真などがあると、一度その動きがストップしませんか?そして、その周辺を「読む」という行動をとると思います。

そうなんです。ここで、「文章」が活きてくるのです。その文章がわかりやすく、閲覧者の心にぐっとくるものであればあるほど、そのコンテンツの価値が自然と上がってくるのです。

結果として、「写真・イラスト」と「文章」はどちらも重要なWeb要素なので、それらをバランスをよく、効果的に利用し、より良いWebの構築をしていきましょう。

まず今回は、そんなに“重要”だった「写真」をより良く活用しているWebサイトに共通したポイントをご紹介いたします。

ショッピングサイトのケース

→ショッピングサイトは「商品を買いたい!」と閲覧者に思ってもらえるように、購入までのビジュアル、商品説明がわかりやすく、導線重視で制作します。

カートボタンやお問合わせボタン等の配置方法、ショッピングサイト使用方法のガイダンスページや、メニューなどなど、すぐ見つけられる、目立つ位置に配置します。

利便性への配慮ももちろん大切ですが、それ以上にショッピングサイトのトップページに表示する写真は、その商品・サービスの特徴をしっかりと捉えたもので、インパクトのあるものが効果的で必要不可欠です。

サービス業のサイト

→飲食業、レジャー施設など、サービスの品質を売りにする業態の場合、そのサービスの見せ方が大事です。

レストランなどのサイトでは、料理などをきれいに大きめに見せることで、みずみずしさや彩り、シズル感のある印象を受けます。

写真をトップページ全体に使う時は、こだわりるものにフォーカスした写真を掲載した方がより効き目があります。

コミュニティサイトのケース

→コミュニティサイトやポートフォリオサイト等、写真自体がコンテンツとなっているWebサイトは、写真の表現方法にこだわりたいですね。

動的なスライドショーなどフォトアルバムにしたり、画像を中心に表現し文字を抑えることで写真を際立たせることができます。

テンプレートのレイアウトで適切なものをチョイスすれば、プロでなくても良質なサイトができるのではないでしょうか。

【ZOOM】無料通話ツールZOOMの使い方

07 11月 17
森麗子

No Comments

Zoomはインターネットを通じて無料で会議や通話ができる、Skypeと同じような機能の通話ツールです。

ほんまるではお客様側からの依頼があった場合のみ、通話ツールとして活用します。

アカウントの登録をします。

※FacebookやGoogleのアカウントでも利用できます。

ZOOM
httpss://zoom.us/

上記URLの右上「SIGN UP FREE」をクリック

メールアドレスを入力して「Sign up」をクリック

メールアドレスの確認画面が出てきますので「Sign up」を再度クリック

登録したメールアドレス宛に案内メールが届くので、メールをチェックする。※届いていなければ迷惑メールフォルダに入っているか、メールアドレスが間違えているので注意する。)

届いたメールを開き「Activate Account」ボタンをクリックして本登録へ進む。

本登録画面(※海外のツールなので名が先、姓が後での入力です。)
・登録者の名
・登録者の姓
・ZOOMにログインするパスワード
・確認用の打ち込みパスワード

全て入力したら「Continue」をクリックする

「Don’t Zoom Alone」という画面が出てくるが「Skip this step」をクリックする。
※Zoomへの登録を招待する場合はここに招待したい人のメールアドレスを入れて「Invite」をクリックする。

「Start your test meeting」の画面で
「Start Meeting Now」かURLをクリックすると通話ができる。
「Go to My Account」で自分のアカウントのプロフィールを編集できる。

My Accountでの設定項目は以下の通りです。

・プロフィール画像
・アカウント名
・ミーティング用のID
・タイムゾーン(標準では日本)
・言語
・電話番号
・ログインパスワードの編集

Zoomのインストール

先ほどの「Start your test meeting」の画面で「Start Meeting Now」かURLをクリックするとダウンロード画面に切り替わりますので、「download」をクリックする。

ダウンロードしたファイルをクリックしてインストールする

Zoomの使い方

①ソフトを立ち上げるとこのような画面になります。

ビデオありで通話:最初からビデオありの状態で通話を始めます。
会議などで相手の顔やホワイトボードを使いたいときなどに便利です。
※ウェブカメラが必要です。

ビデオ無しで通話:上記のビデオが必要ない時はこちらで通話をします。

参加:招待URLなどがあるときはこちらから通話を始めます。また、すでにほかの方が始めている通話に参加する時にもこちらを使います。
※招待URLは通常のブラウザに招待URLをそのまま入力しても参加できます。

スケジュール:通話を予約する事が出来ます。参加者へ招待URLを送る時にこちらを利用します。

画面の共有:画面の共有のみの場合に利用します。通話機能はありません。

②オレンジ色のボタンをクリックすると、下のような画面が出てきます。

パソコンでの通話の場合は「コンピューターでオーディオに参加」をクリックします。

③②をクリックすると通話が可能な状態です。
下記の画面が出てきます。

通常の通話で使う機能を解説します。

通話ID:通話のIDが表示されます。(通常はあまり使いません)
ミーティングトピック:誰が主催したミーティングかが表示されます。通常は通話をスタートしたアカウントが表示されます。
ホスト:通話をスタートしたアカウントが表示されます。
招待URL:招待URLが表示されます。招待したい人にこのURLを送ります。

画面の共有:画面共有するときに使います。

他の人を招待:他のアカウントを招待するときに使います。

参加者の管理:参加者を確認したり、特定のアカウントの人をミュート(消音)する場合に使います。

チャット:個別にメッセージをやり取りしたり、コメントで送りたいときに使います。

レコーディング:通話を録音したり、画面の動画を録画します。
※ビデオ無し通話では音声または画面共有時の画面のみ
※ビデオあり通話ではビデオ画面と音声

④ミーティングを終了する

会議時に自分だけ通話を終了する場合は「ミーティングを退出」をクリック、
会議自体を終了する場合は「全員に対してミーティングを終了」をクリックする。

ドメイン取得:ドメインの取得に関しまして

06 11月 17
森麗子

No Comments

********
****様

いつもホームページのほんまるをお引き立ていただき、誠にありがとうございます。

お客様のサイトドメイン取得に関しましてご連絡いたします。

お客様にお申込みいただきましたドメイン候補のうち、下記ドメインでお申込みさせていただきました。

(ドメイン名)

サイトのURLは下記のようになりますので、ご了承の程よろしくお願いいたします。

(サイトURL)

この後、Wordpressのインストールへとお進みいたします。
メンテナンスモードでの作業となりますので、どうぞご了承の程
よろしくお願いいたします。

お支払い確認後、情報確認:【ホームページのほんまる】ドメインサーバーパックお支払いお手続き、誠にありがとうございました。

06 11月 17
森麗子

No Comments

********
****様

ドメインサーバーパックにお申込みいただきまして、誠にありがとうございます。
お支払いのお手続きを確認いたしました。ありがとうございました。

移管の作業に入らせていただきますので、下記情報をご記入の上、お送りください。

現在お使いのサーバーログイン情報
サーバー名:
ID:
パスワード:

データベースログイン情報
データベース名:
ID:
パスワード:

WPログイン情報
サイトURL:
ID:
パスワード:

ドメイン管理会社ログイン情報(お名前.com、バリュードメインなど)
ドメイン会社名:
ID:
パスワード:
移管予定ドメイン:

なお、移管後、元のサーバー・ドメイン管理会社の解約はお客様でのお手続きとなります。
移管が完了いたしましたらお知らせいたしますので、何卒よろしくお願いいたします。

打ち合わせ内容確認メール:Skypeでのお打ち合わせ内容をお送りいたします。

06 11月 17
森麗子

No Comments

■■■■■■■■■■■■
■■■ 様

お世話になっております。Reクリエイト株式会社WEB事業部の■■■です。
先ほどはSkypeにてのお打ち合わせ、ありがとうございました。

先ほどのお打ち合わせの内容をおまとめさせていただきました。
下記の内容でお間違いないかご確認の程、よろしくお願いいたします。

=================================================================

■■■打合せ内容をまとめてここにペースト■■■

以下、発注者と依頼者が違う場合=================================================================

また、今回のお見積りは「■■■」様でお作りして問題ないでしょうか?
制作するうえでも必要な情報ですので、クライアント様情報の下記の項目をお知らせください。

会社名:
フリガナ:
代表者名:
フリガナ:
ご住所:
お電話番号:

お支払い方法:
 ・銀行振込
 ・クレジットカード払い(ペイパル)
 ・後払い(納品後、振込表を代行会社からお送りいたします。)

また、メタタグや検索ワード等がお決まりでしたらお教えいただけますでしょうか?

では原稿・お写真・ロゴデータをお待ちしております。
よろしくお願いいたします。


◆———————————————————————————————————————————◆

ホームページのほんまる
■■■

Reクリエイト株式会社
兵庫県姫路市東駅前町63番地エスリード姫路13F-01
E-mail:info@honmaru.red
ホームページURL: https://honmaru.red

◆———————————————————————————————————————————◆

ドメイン移管情報:【ホームページのほんまる】ドメインサーバーパックにお申込みいただき、誠にありがとうございます

04 11月 17
森麗子

No Comments

**** 株式会社
代表取締役 ** ** 様

お世話になります。
この度は、ドメイン・サーバーパックへお申込いただきありがとうございます。
本日お申込をお受けいたしましたことご連絡申し上げます。

詳しい内容と今後の流れに関しまして、下記に記載しておりますのでご確認ください。

——————————————

【お支払い方法の選択】

ドメイン・サーバーパックは、毎月定額での引き落とし決済が前提となっております。
弊社では、お支払い方法に「クレジットカード決済」「銀行引落」をご用意しております。
ご希望の決済方法でお支払ください。

[クレジットカードで決済の場合]
本メールと同時に、別途PayPalでの請求メールを送付させて頂いております。
内容を確認後、7営業日以内にお支払をお願い致します。
今後は、お申し出が無い限り、毎月定額での引き落としを継続させていただきます。
※銀行振込での定額支払をご選択の場合、請求メールは破棄いただいて結構です。

[銀行引落の場合]
初回~数月は、お振込いただく形となります。
その間に、定額引き落としのための書類にご記入を行っていただき、
お客様ご指定の銀行口座より、毎月定額料金を引き落とされます。

下記の振込先まで、7営業日以内にお支払をお願い致します。
※振り込み手数料はお客様負担となっておりますこと、ご了承ください。
※クレジットカードでの決済をご選択のお客様は、お振込いただかなくて結構です。

*********************************

ジャパンネット銀行
ビジネス営業部
普通預金 1509983
リクリエイト(カ)ホームページノホンマル

お支払合計:4,212円

*********************************

【今後の流れに関しまして】

① お支払方法に関してご確認頂き、7営業日以内にお支払をお願い致します。
② 決済確認後、お客様のホームページ制作担当者様とデータの移管作業に移ります。
③ ご指定のドメイン・サーバーデータを弊社に移管いただくことで完了となります。

【ドメイン・サーバーの管理に関して】

ドメインサーバーパックにお申込いただいているお客様は、
継続してお申込いただいている間に限り、データの保管・管理を24時間弊社がおこなっております。
後に、弊社からお客様の会社(または他社様)へデータを移管する場合、弊社では「移管時点のデータ」を『移管後1年のみ保管』しておりますが、
その後はリアルタイムのデータは弊社に存在しない状態での運営となります。
移管時のデータを万一紛失した際、初回のデータ提供については無料ですが、2回目以降は、有料[税抜10,000円]にて対応となりますので、
自社でデータ管理をされるお客様は充分な管理をお願い致します。

ご確認は以上となります。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

———————————————–
ホームページのほんまる
□□□□□□□□
Reクリエイト株式会社
兵庫県姫路市東駅前町63番地エスリード姫路13F-01
E-mail:info@honmaru.red
ホームページURL: https://honmaru.red
◆———————————————◆

サーバー移管・完了:【ホームページのほんまる】サーバーの移行が完了いたしました。

04 11月 17
森麗子
No Comments

【サーバー移行の完了メール】

◯◯様

いつもお世話になっております。

レンタルサーバーの移行ですが、作業がすべて完了したことをご報告いたします。

1,ホームページの閲覧確認をお願いいたします。
尚、WordPressのログイン方法は下記になります。

https://xxxxxxxxxxxxxx/wp-admin/
ユーザ名 
パスワード

2,ウェブメールをご利用の場合、ログイン後メールデータに問題がないかご確認ください。

メールアドレス:
パスワード:

お使いいただいておられますメールソフトの設定ですが、
移管に伴いまして設定をし直しなおしていただく必要がございます。

下記をご参考に、ご利用のメールソフトの方の設定を
お願いできますでしょうか?

受信メール(POP)サーバー:sv2027.xserver.jp
送信メール(SMTP)サーバー:sv2027.xserver.jp
ユーザー名(アカウント名):
パスワード:

設定方法はこちら
httpss://www.xserver.ne.jp/manual/man_mail_setting.php

何かご不明な点がありましたら、お知らせください。
よろしくお願いいたします。

サーバー移管案内:【ホームページのほんまる】サーバー移行のご案内

04 11月 17
森麗子

No Comments

◯◯様

いつもお世話になっております。

◯月◯日◯時よりレンタルサーバーの移行作業を行います。

一時的に、下記のことが発生しますので、ご注意ください

1,ホームページの閲覧が出来なくなります。
2,ウェブメールをご利用の場合、使用できなくなります。

またウェブメールをご利用の場合は、移行後に過去メールが消滅する可能性があります。メールデータは、ご自身で保管してください。
保管方法は、メールソフト(Gmail,Outlookなど)を利用してください。ご自身のパソコンへメールデータの保管をお願いいたします。

移行作業が終わりましたら、改めてご連絡致します。
何かご不明な点がありましたら、お知らせください。

よろしくお願いいたします。

LP納品後お礼メール:【ホームページのほんまる】この度はありがとうございました。

04 11月 17
森麗子

No Comments

■■■■■■■■■
■■■ 様

お世話になります。
Reクリエイト株式会社、WEB事業部の■■■です。

このたびは、
当社のホームページ制作サービス「ホームページのほんまる」をご利用いただき誠にありがとうございます。

制作の方は以上で完了し、下記URLへアップさせていただきました。

■■■
https://■■■■■■■■■

作成させていただいた素材の方は下記URLでこのメール到着後
7日間ダウンロード可能となっておりますので、
お手数をお掛けしますが期間中にダウンロードをお願いいたします。

ギガファイル便
■■■■■■■■■■■■

削除キー:■■■

制作後の修正は下記料金で行っております。
変更箇所や修正点がでてきましたら、お気軽にご相談ください。

現況調査料 3,000円+編集作業料3,000円/時間
※ドメインサーバーパックを契約中の方は、現況調査費は不要

またバナー制作やスライダーなど、オプションでのご依頼は
別料金となっております。

何か私共でお役に立てることがございましたら、
お気軽にご連絡くださいませ。

オプションメニュー

オプションメニュー

ご不明な点、ご質問等ございましたら、
お気軽に当メールに返信いただきますようお願い致します。

それでは、■■■様のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

今後ともホームページのほんまるをよろしくお願いいたします。


◆———————————————————————————————————————————◆

ホームページのほんまる
■■■

Reクリエイト株式会社
兵庫県姫路市東駅前町63番地エスリード姫路13F-01
E-mail:info@honmaru.red
ホームページURL: https://honmaru.red

◆———————————————————————————————————————————◆

LP3万円プラン申込みお礼:【ホームページのほんまる】「らくらくLP3万円プラン」にお申込みいただきまして、誠にありがとうございます。

04 11月 17
森麗子

No Comments

****会社
*****様

この度は「らくらくLP3万円プラン」にお申込みいただきまして、誠にありがとうございます。
Reクリエイト株式会社WEB事業部の***と申します。

本日ご注文をお受けいたしましたので、ご連絡させていただきました。
今後の流れについて、下記に記載しておりますのでご確認ください。

——————————————

【今後の流れについて】

① 銀行振込のお客様は、5営業日以内に下記振込先までお支払をお願い致します。
銀行振込は先払いとなっております。

※振り込み手数料はお客様負担となっておりますのでご了承ください。

*********************************
ジャパンネット銀行 ビジネス営業部
普通預金 1509983
口座名義人:リクリエイト(カ)ホームページノホンマル
お支払合計:32,400円
*********************************

※NP掛け払いをご選択のお客様は後払いとなっております。
納品後、振込伝票をお送りいたしますのでそちらでお支払い下さい。
また、NP掛け払いをご利用には、審査がございます。審査が通らないようでしたら
前払いをお願いすることがございますことをご了承ください。

② 当社より、LPのデザインや色、レイアウト等をお伺いする為のフォームURLをお送りいたしますので、
お客様で決められた情報をフォームに入力してお送りください。
また、原稿・お写真などの素材がすでにご準備いただいているお客様は、フォーム内に送信箇所がございますので、
そちらよりお送りください。
※この時点でご準備できない場合は後日メールにてお送りいただくことも可能です。

③フォームよりお送りいただきましたSkype打ち合わせ日程にて、ファーストビュー等のお打ち合わせをいたします。

④ お預かりしました原稿や写真などの素材やいただきました情報を元に、当社にてLPテンプレートに仮反映いたします。

⑤ 仮反映が完了しましたら、Skypeやメール等ご希望の方法で打合せをさせていただきます。
お客様のサイトをご確認いただきながら、写真の配置、文字の大きさなどのご希望をうかがい、微調整を加えていきます。
※修正は2回までお伺いいたします。2回以上の修正になる場合は、別途作業料がかかりますことをご了承ください。

⑥ 編集後、全体をチェックしていただき、問題がなければホームページの完成となります。

以上、今後の流れのご案内でした。
どうぞよろしくお願い致します。

———————————————–
ホームページのほんまる
□□□□□□□□
Reクリエイト株式会社
兵庫県姫路市東駅前町63番地エスリード姫路13F-01
E-mail:info@honmaru.red
ホームページURL: https://honmaru.red
◆———————————————◆

LPフォローメール:【ホームページのほんまる】ランディングページの運営状況はいかがでしょうか?

02 11月 17
森麗子

No Comments

お世話になります。
Reクリエイト株式会社、WEBマーケティング事業部の■■■です。

このたびは、
当社のホームページ制作サービス「ホームページのほんまる」をご利用いただき誠にありがとうございます。

「■■■■■■■■■」LP修正につきまして、
データの納品から約■■■程経ちますが、
その後の運営状況はいかがでしょうか。

サイト運営中、入れ替えたい写真や日付・文章の変更等、
気になることがございましたら、修正は下記料金で行っております。
いつでもお気軽にご相談ください。

現況調査料 3,000円+編集作業料3,000円/時間

またバナー制作やスライダーなど、オプションでのご依頼は
別料金となっております。

何か私共でお役に立てることがございましたら、
お気軽にご連絡くださいませ。

オプションメニュー

オプションメニュー

ご不明な点、ご質問等ございましたら、
お気軽に当メールに返信いただきますようお願い致します。

それでは、■■■様のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

今後ともホームページのほんまるをよろしくお願いいたします。

LP納品完了メール:【ホームページのほんまる】この度はありがとうございました。

02 11月 17
森麗子

No Comments

■■■■■■■■■
■■■ 様

お世話になります。
Reクリエイト株式会社、WEB事業部の■■■です。

このたびは、
当社のホームページ制作サービス「ホームページのほんまる」をご利用いただき誠にありがとうございます。

制作の方は以上で完了し、下記URLへアップさせていただきました。

■■■
https://■■■■■■■■■

作成させていただいた素材の方は下記URLでこのメール到着後
7日間ダウンロード可能となっておりますので、
お手数をお掛けしますが期間中にダウンロードをお願いいたします。

ギガファイル便
■■■■■■■■■■■■

削除キー:■■■

制作後の修正は下記料金で行っております。
変更箇所や修正点がございましたら、お気軽にご相談ください。

現況調査料 3,000円+編集作業料3,000円/時間

またバナー制作やスライダーなど、オプションでのご依頼は
別料金となっております。

何か私共でお役に立てることがございましたら、
お気軽にご連絡くださいませ。

オプションメニュー

オプションメニュー

ご不明な点、ご質問等ございましたら、
お気軽に当メールに返信いただきますようお願い致します。

それでは、■■■様のますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

今後ともホームページのほんまるをよろしくお願いいたします。

【BBPress】サイトにフォーラムを作成する (フォーラムの作成)

02 11月 17
森麗子

No Comments

BBPressでフォーラムの作成をしていきましょう。BBPressでは、複数のフォーラムを立てて管理することが可能です。
※トピックの新規作成や返信は、ダッシュボードからも編集が可能です。

フォーラムの作成

フォーラムは「キーマスター」と「モデレーター」のみが作成できます。

①まずは「フォーラムを新規作成」をクリックします。

②新規作成のページで「フォーラム名」と「フォーラムの説明」を記入します。

③フォーラムの属性を設定します。

種類:
「フォーラム」・・・ユーザーが自由にトピックを立てられる。(サイト上からユーザーが投稿できるようにするには「フォーラム」に設定
「カテゴリー」・・・モデレーターのみがトピックを立てられる。この場合、Wordpressの管理画面からのみトピックを立てられる。

ステータス:
「オープン」・・・ユーザーが追加でトピック(コメント)を投稿することができる。
「クローズ」・・・モデレーターのみが追加できるようになる。

公開状態:権限を持たないユーザーが見ることができるかどうか。

親:掲示板の親子関係を設定できる。フォーラムが複数ある場合に利用できる。

④公開するとこの様になります。

トピックを立てる

トピックは「キーマスター」「モデレーター」「参加者」が立てる事が出来ます。

①フォーラムに入り、「トピックを新規作成」に「トピックタイトル」と内容を記入、トピックの種類と状態を選択して「送信」ボタンをクリック。

②トピックの内容がこのように表示されます。

投稿した本人のアカウントからであれば、日時の下の「編集」「クローズ」「固定」等の項目から、トピックの種類時や状態、投稿の設定を変更することが可能です。

トピックに返信する

トピックへの返信も「キーマスター」「モデレーター」「参加者」が可能です。
トピックへの返信はトピック下に記入する欄がありますので、そちらから返信できます。

送信ボタンをクリックすると、このように表示されます。

【BBPress】サイトにフォーラムを作成する (初期設定・ユーザーの登録)

02 11月 17
森麗子

No Comments

BBPressはWordpressサイトにフォーラムを作成する事が出来るプラグインです。
比較的簡単に設置・運用が可能です。

まずはプラグインを有効化して、初期設定をしていきましょう。

初期設定

設定>フォーラム

■■フォーラム設定■■

【フォーラムユーザー設定】
編集を無効にするまでの期限:トピック・コメントを投稿後に編集可能な時間数。たとえば「5分」に設定した場合、トピック投稿後に5分間はトピック欄に「編集」ボタンが表示され、5分を過ぎると編集ボタンが消えて編集ができなくなります。

投稿スロットル時間:掲示板にコメントを連続で投稿する際に、次のコメントを投稿するまでに最低限必要な時間間隔(秒)を設定。主にはスパムなどを排除するためのものなので、初期設定の「10秒」から変更しなくて良い。

匿名での投稿:会員登録が不要の掲示板をつくりたい場合にはチェックを入れる。

自動権限グループ:アカウント作成時に自動的に割り振られる権限の設定。ユーザーに自分でアカウントを作成させる場合は注意する。

【フォーラム機能】
リビジョン:トピック・コメントが編集された際に、編集前のデータも保持するかどうか。保持する場合はデータ量が多くなることに注意する。

お気に入り:ユーザーが気に入ったトピックを「お気に入り」に登録することができるかどうか。お気に入りに登録したトピックは、各ユーザーのプロフィールページより確認することができます。

購読:ユーザーが気になった掲示板・トピックを「購読」できるかどうかを設定。掲示板またはトピックを購読した場合、その掲示板またはトピックに投稿されると登録アドレス宛に通知が届く。

トピックタグ:ユーザーがトピック作成時にタグを登録できるかどうかを設定。

検索:掲示板に関するすべてのコンテンツ(掲示板・トピック・コメント)を検索可能とするかどうかを設定。サイドバーに検索フォームを表示したい場合は、「外観->ウィジェット」より「forum search form」を追加することで利用できます。

投稿の整形:トピック・返信を投稿するテキストエリアに、ツールバー&ボタンを追加するかどうかを設定。

自動埋め込みリンク:トピック・コメントを投稿するテキストエリアにYouTubeやTwitterなどの埋め込みリンクを使用できるかどうかを設定できます。埋め込みリンクを使用した場合には、動画などが呼び出され表示されます。

返信スレッドのルール:コメントに返信するときにスレッド化するかどうかを設定。

【1ページに表示するトピック・返信数】
トピックス:掲示板ページにて、1ページあたり何件のトピックを表示するかを設定

返信:トピックページにて、1ページあたり何件のコメントを表示するかを設定

【RSS】
RSS購読をする場合に必要(RSSツールとは更新情報がブログを開かなくてもわかるツール。)
RSS利用しない場合は必要ない。

以下はほぼ触る必要なし======================

【フォーラムルートのスラッグ】
フォーラムルートとは、フォーラムのURLを決めるもの。
例えば、フォーラムルートのスラッグを「bbs」、フォーラムの個別スラッグを「forum」、
フォーラムの接頭辞を適用した場合、掲示板ページは
「https://ドメイン/bbs/forum/各掲示板のスラッグ」以下に作られます。

【個別フォーラムのスラッグ】
フォーラムユーザースラッグ

ユーザー設定

BBPressでは、フォーラムを作成したりトピックを立てたりする場合に「公開状態」を設定する事が出来ます。
公開状態とは、メンバー(ユーザー)ではない第三者でも見る事が出来るか、登録したメンバー(ユーザー)のみの公開とするかを設定できます。

①ユーザーの登録は左項目「ユーザー」から設定します。

②ユーザー編集画面の下部に「フォーラム」という項目がありますので、権限グループを変更します。

キーマスター:
他のユーザーが作成したものを含む フォーラム/トピック/リプライ の 作成/編集/削除 が可能。
タグの管理や管理ツールを使ってのフォーラムの管理、全体的なフォーラムの設定やインポート等の各種ツールへのアクセスが許されている。

モデレーター:フォーラムの作成/編集、他のユーザーが作成したものを含む トピック/リプライ の 作成/編集/削除 が可能。
タグの管理や管理ツールを使ってのフォーラムの管理ができる。

参加者:トピック/リプライ の 作成/編集/削除 が可能(他のユーザーが作成したものは不可)。

閲覧者:トピック/リプライ の閲覧のみが可能。

ブロックされています:全ての権限をブロックされたユーザー。

【サーバー管理】WHOIS情報とは・情報の変更の仕方

02 11月 17
森麗子

No Comments

WHOIS情報とは

WHOIS情報というのは「このドメインをどういう人がどこのサーバーで使っているか」ということを誰でもが見れるようにするサービスです。
ドメインを取得して設定すると、どのドメインの情報も一般公開されるようになります。
もともとの目的は、ネット上で技術的なトラブルがあった時に、原因元を特定してすぐに連絡して解決するための物だったようですが最近では、商標の問題が生じた時にも問題解決に役だっています。

WHOIS情報は、下記URLから調べる事が出来ます。

https://whois.jprs.jp

大企業のドメインは問い合わせができるように連絡先を公開しています。
住所や連絡窓口の電話番号、メールアドレス、担当の方のお名前などが公開されます。

また、Whois情報が公開されてしまったら困る個人情報の場合は、ドメイン販売会社で
「Whois情報代行サービス」を利用できます。(代行サービスを行っていない会社もあります。)

WHOIS情報の変更の仕方

①お名前.comドメインナビに入る
httpss://www.onamae.com/domain/navi/domain

②ドメインWHOIS情報変更に入る

③該当のドメインにチェックを入れ、まず「管理者担当者」「経理担当者」「技術担当者」を変更する。変更内容は「お名前.com登録情報をコピー」ボタンで入力できる。

④3つの情報を変更したのち、「登録者情報」を変更する。
「登録者名義の変更」ボタンを押し、「お名前.com登録情報をコピー」ボタンを押す。最下部の「メール承認送付先」を「新しい登録者・現在の管理担当者による承認」にして確認画面→送信

⑤info@honmaru.redに承認メールが2通来るので、2通とも承認する。

【メールの便利な使い方】Gmailで別のアドレスをfromにする方法

01 11月 17
森麗子

No Comments

Gmailで別のアドレスをfromにする方法

①Gメールの画面の右上の設定のマークをクリック > 「設定」をクリック

②「アカウントとインポート」をクリック > 「ほかのメールアドレスを追加」をクリック

③追加したいメールアドレスとFromに表示したい名前を入力して、次のステップへ

④SMTPサーバー、ユーザー名(メールアドレス)、パスワード(メールのパスワード)を入力、「アカウントを追加」をクリック

⑤メールアドレスの確認をします。追加したメールアドレス宛に確認のメールが届きますので、メール内のコードをコピー、赤枠内にペーストします。

⑥追加したメールアドレスが表示されていましたら完了です。追加したメールアドレスをデフォルトにしたい場合は、「デフォルトに設定」から設定できます。

⑦メール作成の際にFromの欄で切り替えができます。

⑧「デフォルトの返信モードを選択」欄では常にFromをそのメールアドレスに設定するかどうかを選択します。

転送先のメールアドレスから返信したい場合、転送元のメールアドレスをFromに設定したいときに便利です。

【SEO】Googleに再クロールを依頼するSearch Console

27 10月 17
森麗子

No Comments

「ホームページのディスクリプションを修正したのに、検索の画面ではなかなか更新されない!」
そんな事ありませんか?
ホームページの検索結果はGoogleの検索ロボットがあなたのサイトを巡回してきた時の情報が表示されています。なので、次に検索ロボットが貴方のサイトに訪問してくるまで更新前の情報が表示されてしまいます。更新したものがその時すぐに表示されるというわけでもなく、更新したらすぐに検索ロボットが見に来てくれるわけでもないのです。

かといって世界中のホームページを見て回っている、忙しい検索ロボットです。次にいつあなたのサイトを訪れてくれるか、はっきりとはわかりません。1か月先になるか、二か月先かもしれません。

そこで、忙しい検索ロボットに、「急ぎでこちらのサイトを見てね!」とお願いできる方法がありますので、更新した情報をすぐに検索結果に表示したいときは、この方法を試してみてください。

※Googleアカウントをお持ちでない方は、Googleアカウントへの登録が必要です。(無料)

Googleアカウントを作成
httpss://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

Search Consoleへのサイトの登録

①まずはサイトURLをGoogleのSearch Consoleへ登録します。

この赤枠にサイトのトップページURLを入力してください。

②Googleに登録するサイトの所有権の確認をしてもらいます。

 HTML確認ファイルをダウンロードする

 ↓
 FTPにてサイトのトップの階層にアップする

 ↓
 3のURLをクリックして右の画像が表示されるか確認する


 ↓
 「私はロボットではありません」チェックを入れ、確認ボタンを押す

※もし何らかの事情で確認ファイルをアップできない場合は「別の方法」をクリックしてHTMLタグの設置を選択する。
タグを登録したいページのヘッダーに張り付けて確認する。



上記の画面が出てきますので、「続行」をクリックします。

Googleへの再クロールの依頼

①Search Consoleのトップ画面から「クローラー」>「Fetch as Google」をクリックします。

②巡回してもらいたいページURLを赤枠にペーストして「取得」をクリックします。(PC・モバイルそれぞれに取得できます。)

③下に該当のURL(トップページなら/のみです。)が表示されるので、「インデックス登録をリクエスト」ボタンをクリックします。

④下記の画面が出てきますので、「私はロボットではありません」にチェックを入れ、何をクロールしてもらいたいかを選択してから送信ボタンをクリック。

⑤元の画面に戻り、ステータスが「完了」「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されていればOKです。
もしこちらにエラーが表示されていましたら、ページを修正する必要があります。修正後、再度クロール依頼をしてください。

クロール依頼後、1~3日でクローラーが巡回し、検索結果に反映されます。

Search Consoleはサイト運営に便利なツール

Search Consoleは自分のサイトがGoogleからどのようにみられているか、どのページをどれだけのユーザーが見ているか、サイト内に検索に不利なエラーがないか等を教えてくれる、サイト運営者には欠かせないとても便利なツールです。
クローラーへの巡回以来だけでなく、いろいろなことができますので、ぜひ使いこなしてみてください。